総合

36億9400万円の黒字 - 「病院」赤字改善/市町村公営企業

 県は、県内市町村が経営している地方公営企業(病院、上下水道など)の平成28年度決算の概要をまとめ、発表した。総収支額は前年度より6700万円減って34億9400万円の黒字となった。前年度に続く黒字。上水道事業で35億3700円の黒字となったのが大きい。病院事業は9500万円の赤字だが赤字幅は減少、改善の兆しが見える。

 決算規模は1037億円(前年度比4・5%減)で、病院と上下水道の3事業が92・2%を占めている。市町村別では、奈良市191億3468万円(7事業)▽大和高田市123億3659万円(4事業)▽橿原市73億5795万円(3事業)▽生駒市71億2270万円(5事業)▽宇陀市62億1310万円(6事業)―などの順。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド