総合

行き先見えぬ再出発 - 党の動向見据え/民進県連

 民進党は30日、東京都内の党本部で全国幹事会と両院議員総会を開催、党の「再生」に向け乗り出した。ただ地方組織を含めた党の「存続」は決めたものの、衆院前職が総選挙で希望の党や立憲民主党、無所属に分裂した影響は大きく、幹事長会議では県連幹事長の藤野良次氏(県議)ら出席者から、党の方向性を問う声が上がったようだ。党県連は現在、藤野氏が代表を兼務しており、「藤野体制」で再スタートを切ることになる。

 藤野氏ら地方組織の幹部を集めて開かれた全国幹事会には、前原誠司代表も出席。合流を決めていた希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の衆院選の不振の責任を取り、辞任する意向を示し、続いて開かれた両院議員総会で了承された。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド