総合

家屋倒壊15棟超か - 土石流に寺埋没/台風21号

裏手の山の斜面が崩れ、土石流にのみこまれた寺の本堂=26日、吉野町楢井 拡大

 22日深夜から23日未明にかけて県に最接近し、各地に大雨を降らせた台風21号。その甚大な被害状況が、調査の進展とともに改めて明らかになってきている。死者はいなかったものの、県は家屋の倒壊15棟を確認。ほかにも吉野郡内などで住宅が壊れたり、土砂に埋もれる被害が地元町村に報告されており、詳細な調査が進められている。今週末にも新たな台風22号が接近する可能性が高まっており、県などは警戒を強めている。

 県防災統括室によると、五條市生子地区で家屋1棟が全壊し、下市町下市で3棟が半壊した。いずれも丘陵地の斜面で、大雨で地盤が緩み崩れたとみられる。ほかにも三郷町と山添村で3棟、奈良市、葛城市、宇陀市、十津川村、東吉野村で1棟ずつ一部損壊する被害を確認している。 …

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド