スポーツ

法隆寺国際、投打に圧倒 - 秋季近畿地区高校野球

法隆寺国際は初回、三塁打で出塁した福本が生還し先制=大阪シティ信用金庫スタジアム 拡大

 秋季近畿地区高校野球大会第1日は24日、大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで1回戦3試合を行い、第2試合で法隆寺国際(奈良3位)は9―0の七回コールドで比叡山(滋賀2位)を下し、斑鳩高校時代に出場した2004年以来の甲子園に向けて順調に滑り出した。

 法隆寺国際は初回、三塁打で出塁した福本を、山田のエンドランでかえし1点を先制。二回には2死から3安打4点を挙げリードを広げた。三回には福本が右中間に3点三塁打を放ち、勝敗を決した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド