社会

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン

町立図書館内にオープンしたカフェ=広陵町三吉の町立図書館 拡大

 映画「天使のいる図書館」の舞台にもなった、広陵町三吉の町立図書館内に移住定住サロンを兼ねたカフェがオープンした。町が地方創生推進交付金などを活用して改装し、同町内で喫茶店を経営する谷矢友香子さん(49)=大和高田市=が運営。読書の合間のひとときなどに人気を集めそうだ。

 内装は畿央大学の学生がデザイン。かぐや姫の町らしく竹を仕切りや照明に利用し、落ち着いた雰囲気を生み出している。またコーヒーカップは町内の陶芸家が手作りしたものを使用。座席はカウンター6席だけだが、館内の飲食スペースへのテークアウトも可能となっている。

 このほか町内への移住、定住をPRするパンフレットも常設。同町の移住・定住コンシェルジュでもある谷矢さんは「子育て中にこの図書館に通い、気に入っていた。これからもさまざまな方法で町の良さをPRしたい」と意欲を見せている。

 メニューはブレンドコーヒー(400円)をはじめ、町内産ヒノヒカリ使用のおにぎり(200円)、おにぎらず(480〜680円)、地元産野菜と町内で焼いたパンを使ったサンドイッチ(同)などがある。午前11時まではモーニングサービス(500円)も行っている。

 午前9時から午後5時営業。月曜休(祝日の場合は翌日休)。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド