社会

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017

 県選挙管理委員会は16日、衆院選の県内期日前投票者数に関する中間状況(11日〜15日の集計)を発表した。投票者数は小選挙区で4万600人、比例代表4万596人で、約3年前の前回選挙との同時点(投票日の7日前)比較で約1・6倍に増えた。同選管は「制度が浸透してきた」と分析している。ただ昨夏の参院選は同期間に約7万人が投票。任期満了で行われた参院選と違い、今回総選挙は準備期間が短かった影響が出た。

 県選管によると、衆院選の期日前投票所は前回、県内で48カ所だったが、今回は8カ所増えて56カ所。大型商業施設に設置されるなど、大幅な数字の伸びにつながった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド