社会

本尊脇侍、初修理へ - 220年ぶり“外出”/岡寺

修理のため脇壇から運び出された愛染明王像=11日、明日香村岡の岡寺 拡大
修理の勧進を目的に授与される護符=奈良市登大路町の県庁 拡大

 明日香村岡の岡寺は、本尊・如意輪観音坐像(国重要文化財)の脇侍(わきじ)の不動明王像と愛染明王像を江戸時代の開眼から初めて修理する。11日、修理のため両像が約220年ぶりに寺外へ搬出され、修理のために奈良市登大路町の奈良国立博物館内にある美術院の工房に運ばれた。

 両像とも木造で台座も含めた総高は不動明王像が2メートル27センチ、愛染明王像が2メートル8センチ。寺内で見つかった祈願札によると、両像は寛政6(1794)年に長谷寺化主も務めた高僧・法住の命により、弟子で岡寺住職の法實が造立したとされる。制作から200年以上を経て、表面の彩色が浮き上がり剥落(はくらく)の恐れがあるなど傷みが発生。そのため、同寺は約2年間の予定で修理を行うことを決めた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド