スポーツ

【陸上少年男子共通110障害】樋口圧巻、大会新連発 - 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体2017

少年男子共通110メートル障害で大会新を出して優勝した樋口=愛媛県総合運動公園陸上競技場 拡大

 国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第9日は8日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われた。県勢は陸上の少年共通110メートル障害で樋口陸人(奈良育英高)が13秒40の大会新記録で優勝を飾った。空手は少年男子組手で、空閑翔大(大阪浪速高)が準優勝。馬術は少年自由演技馬場馬術の楠本将人(ドミナス)が3位となった。ボクシングは、フライ級の穴口一輝(兵庫芦屋学園高)、ライト級の今永虎雅(王寺工高)、ウエルター級の荒本一成(同)の3人が決勝へ進出。軟式野球の佐藤薬品工業もタイブレークで大分を下し決勝へコマを進めた。ソフトテニス少年男子はベスト4入りし準決勝へ進んだ。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド