総合

1区減「読みにくい選挙」 - 衆院選2017

 県内の小選挙区が1減の3区となって初めて行われる第48回衆院選(10日公示、22日投開票)。立候補を予定する各陣営は選挙事務所など準備に追われ、慌ただしさが増している。区割り変更に加えて新党「希望の党」の発足など野党再編が急展開し、選挙戦がどう展開していくのか見通しにくい状況。各陣営とも「票読みの難しい、厳しい選挙になる」と話しており、緊迫感が漂う。

 予想される各選挙区の党派別の構図は、1区=自民党、希望の党、日本維新の会、共産党▽2区=自民、希望、共産▽3区=自民、希望、共産―でほぼ固まった。3選挙区に計10人が立つ予定。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド