考古学

東塔院 南門は「八脚門」 - 東大寺、鎌倉期基壇や大量瓦

東大寺東塔院の南門、南面回廊の基壇跡と雨落溝から見つかった大量の瓦=3日、奈良市雑司町 拡大
東塔院の南門と同じ「八脚門」の形式の東大寺転害門=奈良市雑司町 拡大

 奈良市雑司町の東大寺などは3日、同寺の東塔院跡発掘調査で、鎌倉時代の南門基壇(基礎部分)と南面回廊が見つかったと発表した。南門は「八脚門(はっきゃくもん)」と呼ばれる形式だったと推定。南面回廊は中央の壁の両側に通路がある「複廊」だったことが分かった。

 同寺と奈良文化財研究所、県立橿原考古学研究所で構成する史跡東大寺旧境内発掘調査団が7月19日から約605平方メートルを調査。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド