総合

整備計画が再始動 - 生駒・高山第2工区

 生駒市の学研都市高山地区第2工区(約288ヘクタール)で、整備計画が再び動き出す。10年前にいったん開発事業が中止されて以降、都市再生機構(UR)の所有地(約132ヘクタール)の荒廃が大きな課題になっていたが、昨年2月に市がようやく買い取りを表明、土地は来年12月までに引き渡される予定だ。今月、市議会に報告された「学研高山地区第2工区まちづくり検討有識者懇談会とりまとめ」から、改めて同地区の現状と課題をみた。

■適切な土地利用へ

 高山地区第2工区を含む「けいはんな学研都市」は、建設促進法が公布、施行されて今年でちょうど30年。平成3年には同第1工区に国立大学法人の奈良先端科学技術大学院大学(先端大)が開学。同大は、平成24年にノーベル医学・生理学賞を受けた山中伸弥京都大教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究を始めた大学としても知られ、成果を挙げている…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド