総合

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017

日本文化の今後について語る上妻さん(右から)、市川さん、古井戸さん=23日、奈良市登大路町の県文化会館 拡大

 第32回国民文化祭・なら2017、第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会の4テーマを切り口に、県の文化戦略などを考える「フォーラム・NARA(奈良)」(県、文化庁、厚生労働省など主催)の第1回「日本文化の源流を探る」が23日、奈良市登大路町の県文化会館で開かれた。市民ら985人が参加。県内から発祥した文化と今後の展開や可能性について講演や討論、演奏を聞いた。

 フォーラム全体の講師や司会進行を務めたのは、歌舞伎や日本舞踊などの研究家で、東京大学特任教授の古井戸秀夫さん。県内各地の寺社の伝統行事などから発祥したといわれる能や猿楽などの歴史を振り返り、日本文化の源流が県にあることを解説した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド