総合

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ

古代歴史ロマンの地に咲くヒガンバナ=明日香村豊浦の古宮土壇周辺 拡大

 23日は二十四節気の一つ、秋分。日没が徐々に早まり、この日でほぼ昼と夜の長さが等しくなる。日中の暑さも去り、やがて肌寒く感じる日も増えてくる。

 秋分の前後7日間は秋彼岸。明日香村の各所ではヒガンバナが見ごろとなっている。ヒガンバナ科の多年草で、別名はリコリスや曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも。球根に毒を持つことでも知られている。

 同村豊浦の古宮土壇(ふるみやどだん)周辺では田のあぜに沿ってヒガンバナが咲き、赤い帯に。推古天皇の小墾田(おはりだ)宮や蘇我氏に関する庭園跡といわれる場所で、ヒガンバナの時期には県内外から写真愛好家が集まる。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド