総合

民間活用「精査を」 - 奈良市新斎苑

 奈良市が計画する新斎苑(火葬場)の運営方式をめぐり、9月定例市議会の論戦が熱を帯びている。13日の本会議では、市が現在の「直営」方式について総括しないまま「民間活用」導入を急ぐことに、鍵田美智子氏(市民の声)が疑問を示し批判。一方、大西淳文氏(日本維新の会)はPFI方式の利点を挙げて、合併特例債と併用できないか、市に検討を促した。仲川元庸市長は「DBO以外、平成32年度末の施設完成はスケジュール的に不可能」との姿勢を崩しておらず、「葬送のあり方」をめぐり意見の応酬が続いている。

 一般質問で大西氏は民間活用を図るPFIの主要手法の一つとしてBTOを挙げ、「他都市の導入事例も進んでいる」と評価。その上で、PFIで事業実施する場合、地方財政措置として一定の範囲で地方交付税措置が受けられることから、事業に利用できないか質問した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド