総合

DBOリスクただす - 新斎苑など本格論戦/奈良市会

 奈良市議会の9月定例会は12日、本会議を再開し、山本憲宥(自民党・結の会)、宮池明(公明党)、松岡克彦(共産党)、階戸幸一(改革新政会)、三橋和史(日本維新の会)の5議員が代表質問を行った。7月の改選で3選を果たした仲川元庸市長と議会の本格的な論戦がスタート。各議員からは待ったなしの財政再建、来年度着工を目指す新斎苑(火葬場)や庁舎耐震化の事業などについて、財源を含め厳しい指摘が相次いだ。

 新斎苑については、今回の補正予算案で33年の稼働後、15年間にわたる維持管理運営費を含む総額76億円の債務負担行為が計上されており、市が「事業手法」とするDBОに対し、各派がリスクなどについてただした。

 この中で、仲…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド