総合

能発祥地に里帰り - 桜井で宝生流「三輪」披露

三輪の女神が登場する「三輪」の一場面=9日、桜井市粟殿の同市民会館 拡大

 桜井市粟殿の市民会館で9日、かつて同市外山を拠点に活動した能楽「宝生流」の故郷公演が行われた。第32回国民文化祭・なら2017、第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会の一環。同祭では大和猿楽を源流とする能楽4座が順次、県内で里帰り公演を行う予定で「能発祥の地」をアピールする。

 この日は桜井市粟殿の市民会館で「芸能発祥の地 桜井」と題したイベントが行われ、市民ら約500人が参加。シテ方宝生流能楽師の辰巳満次郎師の解説に続いて仕舞「三山」、狂言「因幡堂」が演じられ、能は、ご当地の大神神社を舞台に女神が登場し同神社にまつわる伝承を演じる「三輪」が披露された。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド