社会

「ITで見守り」テーマ - 地域の安全へフォーラム

 下校中に連れ去られ、殺害された奈良市立富雄北小1年の女児(当時)の事件は、発生から間もなく13年。当時、地区社会福祉協議会会長で事件後、地域で始まった見守り活動の中心に立った安達孝雄・前富雄地区自治連合会長(84)らを講演者に迎え、NPO法人地域創造政策研究センター(岡本尚代表幹事)主催の「第5回地創研フォーラム」が今月9日午後1時半から、奈良市登大路町の県文化会館集会室ABで開かれる。

 「地域の安全・安心を守る取組みと情報通信~ビックデータ、オープンデータ、IoTの活用から~」がテーマ。保護者やボランティアに頼ったこれまでの子どもたちの「見守り活動」が、就労や人員確保、高齢化の問題に直面し、“過渡期”に差し掛かる中で、IoTなどネットを生かした見守り体制構築を考える。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド