総合

経常収支比率100%超 - 新斎苑補正に懸念も/奈良市

 奈良市は8月31日、9月定例市議会に提出する平成28年度決算報告や議案など、計37案件を発表した。平成28年度一般会計決算は9億円の黒字。一方、経常収支比率は初めて100%の大台を超え、財政再建は深刻度を増している。その中で来年度着工を目指す新斎苑(火葬場)整備に、33〜47年度の維持管理運営の委託費を含め計76億円を債務負担行為として一般会計補正に盛り込んでいる。議会からは「財政見通しが立たない中、そんな長期契約をして大丈夫か」との懸念も広がっている。

 28年度決算報告は、企業会計を除く普通会計ベースで形式収支額、実質収支額とも黒字。うち一般会計も形式収支額で10億6548万円、実質収支額も9億7307万円の黒字となった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド