総合

素麺販売に感謝 - 発祥地・大神神社で

素麺づくりの工程を踊りで表した三輪素麺掛唄=30日、桜井市三輪の大神神社 拡大

 素麺(そうめん)発祥の地、桜井市三輪の大神神社で30日、今年の素麺の夏の売り上げに感謝する「三輪素麺感謝祭」が営まれた。伝承では、奈良時代に、同神社の祭神の子孫が、飢饉(ききん)や疫病に苦しむ人の救済を願い、小麦を育てて麺作りを始めたのが三輪素麺の始まりといわれている。

 感謝祭は毎年、夏の販売が落ち着く8月下旬に行われており、今年で33回目。県三輪素麺工業協同組合と県三輪素麺販売協議会の組合員や会員ら80人が参列。この夏の販売への感謝と今後の業界発展を祈った。

 拝殿前で、同協同組合婦人部と三輪素麺掛唄保存会会員ら約12人が「三輪素麺掛唄」や「三輪そうめん音頭」を奉納。かすりの着物に赤いたすきと前掛け姿の女性が、道具を使って素麺づくりを踊りで表現した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド