総合

工業ゾーン創出連携 - 新モデル事業注目

県と川西町が連携して工業ゾーンを創出する唐院工業団地(川西町提供) 拡大

 県と川西町が協力して、同町内にある唐院工業団地(同町唐院、保田)の企業誘致や周辺の整備拡張事業に乗り出す。来月5日に両者が連携協定を結ぶ予定。工業ゾーンの創出に、県と県内市町村が協定するのは初めて。県が道路建設、河川対策などを進め、町が企業誘致や地元住民との合意などを行う。企業立地と雇用の創出に取り組む県が、市町村と連携する新しいモデル事業として注目が集まる。

 県は「奈良創生」の3本柱として「住んで良し」「働いて良し」「訪れて良し」の実現を掲げているが、荒井正吾知事は統計データの分析などから「住んで良し」以外は他府県に後れを取っていると判断。特に「働いて良し」の実現に注力しており、トップセールスや進出企業に対する県の補助金制度などを始めている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド