総合

訴訟視野に対応策 - 「約束反故」問う/奈良市ごみ施設

「申請人の会」の呼び掛けで開かれた集会。満員の会場からはさまざま意見が示された=27日、奈良市左京5の左京地域ふれあい会館 拡大

 奈良市の仲川元庸市長が先月の市長選で3選を決めたあと、市東部へのクリーンセンター移転建設を「地元同意が得られない」などを理由に「断念」を表明、「現地建て替えも含め検討する」と方針転換したことを受け、現・環境清美工場のある左京地区の自治会役員を含む住民ら約70人が27日、今後についての協議を行った。参加者からは「これは(移転候補地の)東部と、われわれ北部との住民対立ではなく、約束違反した市と住民との問題」などと意見が噴出。市長の姿勢は、市と地元住民ら「公害調停申請人の会」(吉田隆一会長)との平成17年末の公害調停による「移転約束」を反故(ほご)にするものとして、訴訟も視野に対応を諮ることを確認した。

 集会は申請人の会の呼び掛けで開催。冒頭、吉田会長(55)が「皆さんの意見を聞きたい」と切り出し、意見集約を図った。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド