社会

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権

真剣な表情で金魚をすくう参加者=20日、大和郡山市矢田山町の金魚スクエア 拡大

 全国有数の金魚生産量を誇る大和郡山市の「第23回全国金魚すくい選手権大会」(全国金魚すくい競技連盟・同市主催、奈良新聞社など後援)が20日、同市矢田山町の金魚スクエア(市総合公園多目的体育館)で開かれた。一般の部、小中学生の部、団体の部などに北海道から九州まで全国各地から1838人が参加。熱い戦いを繰り広げ、一般の部では同市の小谷隼人さん(21)=35匹、小中学生の部では大阪市の難波大智君(10)=43匹、団体戦は天理市の「波乗りジョニー」(水倉隆一さん、三宅敏之さん、三宅由美さん)=106匹=が、それぞれ優勝した。

 競技は3分間ですくい上げた金魚の数を競う方式で行われた。水槽を囲んだ参加者は、ポイ(すくい網)を手にすると、真剣な表情で金魚が泳ぐ様子を観察。競技開始の合図がされると、練習を重ねてきた技を駆使して次々に金魚をすくい上げていった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド