考古学

将来の発掘に意欲 - 奈良大生が猛暑の中、測量/戸垣山古墳で

戸垣山古墳で測量調査を行う奈良大生たち=18日、斑鳩町龍田南2 拡大

 強い日差しが照りつけ、猛暑が続く中、斑鳩町龍田南2丁目の戸垣山(とがきやま)古墳で、奈良大学文化財学科(奈良市山陵町)の学生らが測量調査に取り組んでいる。同大と連携協定を結ぶ斑鳩町教育委員会の協力で実現した調査で、同大学は将来の発掘にも意欲を見せている。

 同古墳は一辺約20メートルの方墳。墳丘は未調査だが、周辺で出土した埴輪(はにわ)片などから、5世紀の築造と推定されている。古代の斑鳩地域における小首長の墓と考えられている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド