総合

被爆者の声 世界へ - 学び行動し平和築く/風化に抗う(8)戦争を語る 残す人たち

原爆落下中心地碑を取り囲み、平和の実現を願う高校生の平和大使ら=9日、長崎市の爆心地公園(高校生1万人署名活動県実行委員会提供) 拡大

 核兵器廃絶を目指して活動する「高校生平和大使」。県内では平成26年に、初めて同大使が選ばれた。以来毎年、平和大使が被爆地の広島市や長崎市のほか、スイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪問している。

 「被爆者や外国人の生の声を聞き、いろんな角度で平和について学びたかった」。本年度、県の平和大使に選ばれた県立奈良高校2年の日下梨々子さん(17)は、志望動機をこう語る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド