社会

絵や物が語る戦争の記憶 - 「戦時下のくらし展」/県民博で27日まで

戦時中の人々の暮らしぶりがうかがえる展示品=大和郡山市矢田町の県立民俗博物館 拡大

 大和郡山市矢田町の県立民俗博物館で、太平洋戦争中などに使われていた物品を通して当時の人々の生活を紹介する展覧会「戦時下のくらし展」が開かれている。27日まで。

 同展では、「出征軍人」がいる家を示した表札や国民服をはじめ衣料切符、防空頭巾、空襲警報板など昭和10~20年代前半の生活関連資料約40点を展示している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド