社会

清流の生き物に触れる - 川上でアクアソーシャルフェス

音無川で生き物を観察する参加者=5日、川上村西河 拡大

 全国展開の環境保全活動「アクアソーシャルフェス」の一環で、川上村の環境教育施設「森と水の源流館」と奈良新聞社は5日、同村西河で水生生物観察会を行い、親子らが美しい水辺に親しんだ。

 谷幸三・県水生生物研究会長が指導。この日2回の講座に県内外から計約110人が参加した。吉野川支流・音無川に入り、石をめくったり、追い込んだりして魚や虫を採集。見つけた生き物の名前や特性を教わり、吉野川源流の美しさを実感した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド