社会

国栖小跡地利用で公募 - 地区自治体協議会、8月21日まで

跡地利用を検討中の国栖小学校跡地。校舎を取り壊し、体育館を残した=吉野町窪垣内 拡大

 吉野町窪垣内の旧町立国栖(くず)小学校の跡地利用で、地域住民でつくる「国栖地区自治協議会」は、跡地の愛称と新たに建設する屋外ステージのアイデアを公募する。8月21日締め切り。

 同小学校は平成19年3月に閉校し、133年の歴史を終えた。校舎は今年6月に解体。鉄骨造りの体育館と同時に閉園した幼稚園舎は耐震化して活用する。敷地面積約1万3000平方メートル。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド