総合

“太陽”がいっぱい - ヒマワリ12万株/馬見丘陵公園

公園を彩るヒマワリの黄色い花=2日、河合町の馬見丘陵公園 拡大

 四季折々の花が楽しめる河合町と広陵町に広がる馬見丘陵公園で、ヒマワリの花が見ごろとなっている。

 ヒマワリは北アメリカ原産のキク科の一年草で観賞用のほか、種は食用や油を取るために使われる。

 同公園では6日まで「馬見ひまわりウィーク」を開催。5エリアに14品種、約12万株が植えられており、「花の道エリア」ではヒマワリ畑のよう。来園者は強い日差しの中、写真を撮るなど思い思いに夏の花を楽しんでいた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド