総合

初出陳含め58件 - 正倉院展10月28日開幕

記念切手の図柄にもなった羊木臈纈屏風=宮内庁正倉院事務所提供 拡大
ペルシャを源流とする緑瑠璃十二曲長坏=同 拡大

 奈良市登大路町の奈良国立博物館は2日、第69回「正倉院展」の概要を発表した。会期は10月28日から11月13日までの17日間。10年ぶりとなる「羊木臈纈(ろうけち)屏風」をはじめ、初出陳9件を含む58件の宝物が展示される。

 羊木臈纈屏風(縦163・1センチ、横55・9センチ)は、聖武天皇の四十九日法要に納められたと推定される屏風の一部。布の表面に蝋(ろう)を塗って防染し模様にする技法「ろうけつ染め」で、木の下にたたずむ巻き角の羊などを表現している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド