経済

2四半期連続据え置き - 7月判断 県内経済情勢

 奈良財務事務所が1日発表した7月判断の県内経済情勢報告は、個人消費が持ち直し、生産活動も緩やかに持ち直しつつあることなどから、総括判断を「緩やかに持ち直している」と前回判断(4月)を2四半期連続で据え置いた。判断材料となった6指標のうち、生産活動が前回判断と比べて好転。設備投資と企業収益は悪化した。残りの個人消費、雇用情勢、企業の景況感の3指標は同水準だった。

 今年4月中旬から7月上旬にかけて、県内企業にヒアリングを実施。同事務所の法人企業景気予測調査や、各機関の経済統計などを基に集計した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド