総合

2030年代半ば完成へ - 県内の高速交通体系を促進

 県は、リニア中央新幹線の建設促進をにらみつつ、同新幹線の「奈良市付近駅」を中心とした県内の高速交通体系を、2030年代半ばをめどに完成させる態勢に入った。荒井正吾知事は「7、8年後には、京奈和自動車道や第2阪奈道路の完成形を見通せるようになっているはず」とし、これとリニア中間駅を絡めた県のグランドデザインを展望。関連する鉄道、道路の整備に向けた取り組みを加速させる。

 リニア中央新幹線の名古屋-大阪間のルートや中間駅の位置について、荒井知事は26日の定例記者会見で「見通しを口に出せるようになった」ことが大きいと指摘。その上で知事は「(他の道路、鉄道網との)結節性の良い場所は客観的に見ればおのずと分かる」とし、JR東海に対しても交通結節性と経済効果の両面を念頭にルートと駅の位置を決めるよう求めているという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド