総合

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃

大和三山を背景に咲くハスの花=25日、橿原市の藤原宮跡 拡大

 橿原市の藤原宮跡でハスの花が見ごろを迎えている。万葉集ではハチスの名称で歌に詠まれる。花びらの付け根が蜂の巣に似ていることから名づけられたといわれる。

 藤原京は日本で最初に条坊制が用いられた本格的な都城。710年に平城宮に遷都するまで16年間、日本の首都となっていた。

 ハスは大極殿跡の南東、朝堂院跡の東側の池に咲いている。古代ハスや法華寺ハスなど数種類あり、大和三山を背景に大きく伸びた茎から大輪の花を咲かせている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド