総合

仲川、山下氏大接戦 - 朝広、井上氏届かず/奈良市長選 開票進む

奈良市長、市議選の開票場。作業は深夜まで続いた=9日、奈良市法蓮佐保山4のならでんアリーナ 拡大

 任期満了に伴う奈良市長選挙と同市議選(定数39)は9日に投開され、開票作業が午後9時30分から、同市法蓮佐保山4丁目のならでんアリーナで始まった。4候補で争われた市長選は、無所属現職で3選を目指す仲川元庸氏(41)と、無所属新人で前生駒市長の山下真氏(49)が激しく競り合う展開となり、当落の確定は日付をまたいで10日未明にもつれ込んだ。50人が出馬した市議選の開票作業も並行して進められた。市長選の投票率は51・01%で、参院選と同日選挙だった前回平成25年の60・06%を9・05ポイント下回った。市議選投票率は51・00%(前回60%)。当日有権者数は30万5610人(男14万1599人、女16万4011人)だった。

 市長選には仲川、山下両氏のほか、無所属新人でNPO法人理事長の朝広佳子氏(56)=自民党推薦=、共産党の新人で党県常任委員の井上良子氏(53)が立候補。選挙戦は2期8年の実績と知名度の高さで序盤から優位に立つ仲川氏を、新人陣営が追い上げる展開となった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド