総合

ふるさと納税、急増 - 昨年度の県と県内市町村

 自治体の重点施策を応援するため、住民らが寄付する「ふるさと納税」の歳入が、県内でも急増している。平成28年度の寄付額は、県と県内39市町村を合わせて、過去最高の9億3307万9000円に達した。件数も計3万5921件で過去最多。総務省が返礼品競争の加熱に懸念を示す中、県内各自治体は特色を生かした寄付の使い道をアピールしながら、増加に励むことになりそうだ。

 総務省のまとめによると、28年度の県分の寄付額は、県1億8575万2000円と39市町村計7億4732万7000円を合わせた9億3307万9000円。47都道府県別で見ると富山約5億3300万円、徳島約6億200万円、東京約8億7100万円に続いて全国44位と下位にとどまっているが、27年度から一気に増えた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド