総合

茅の輪くぐり 無病息災祈る - 大神神社・夏越の大祓

無病息災を祈り茅の輪をくぐる神職ら=6月30日、桜井市三輪の大神神社 拡大

 桜井市三輪の大神神社(鈴木寛治宮司)で6月30日、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)が営まれ、参拝者約1000人が半年間のけがれをはらい、無病息災を祈った。

 祈祷(きとう)殿前の斎庭で祭典があり、神職や巫女(みこ)、参拝者が人形(ひとがた)で体をなで、息を3回吹きかけて罪やけがれを人形に託した。

 続いて参列者は長い行列をつくって、縦横約3・6メートルの茅(ち)の輪を3回くぐった。

 葛城市から訪れた40代女性は「家族が健康でいられるよう祈ってくぐった。明日からリフレッシュして過ごしたい」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド