社会

電気使用量 Co2排出量半減 - 大和郡山市清掃センター

延命化工事に伴い、導入された蒸気発電機=大和郡山市九条町の市清掃センター 拡大

 大和郡山市は、平成27年度から実施している市清掃センター(同市九条町)のごみ焼却施設を改修する延命化工事により、電気使用量と二酸化炭素(CO2)排出量が半減したと発表した。同センターは「引き続き、延命化工事による設備更新、省エネ化を進めていきたい」としている。

 同施設は稼働から32年がたち、老朽化が進んでいることから、市が平成27年度から29年度にかけて抜本的な改修工事を実施。これまでに約8割の工事が終了している。工事費は55億800万円。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド