スポーツ

奈良女子 26回目V - スキなし猛攻8点/全国高校総体県予選 ソフトボール

【決勝・奈良女子―天理】奈良女子は三回、磯兼の二塁打で小寺(21)が生還=平城高校グラウンド 拡大

 ソフトボールの全国高校総体(インターハイ)県予選最終日は10日、平城高校グラウンドで決勝を行い、奈良女子が8―1の五回コールドで天理を下し、4年連続26回目の優勝を果たした。

 奈良女子は初回、小寺の適時打などで2点を先制。三回には磯兼の左中間二塁打など打者8人の猛攻で4点を追加した。五回1死から磯兼と一番代打の森岡が敬遠で出塁。満塁策を取られるが、続く中村が中間適時打を放ち、コールド勝ちを決めた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド