経済

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」

煮玉子をつくる知的障害者ら=上牧町中筋出作の理想実業セントラルキッチン 拡大

 ラーメン店「神座(かむくら)」を全国展開する「理想実業」(広陵町、布施正人代表)は、知的障害者の雇用を積極的に進めている。約5年前に県立高等養護学校から実習生を受け入れたのがきっかけ。現在、全国の店舗、関連工場で計約40人が働いている。

 同社が「チャレンジドさん」と呼ぶ知的障害者の受け入れを始めたのは、外食産業で働きたい希望がありながらかなわなかった同校女子生徒のインターンシップから。知的障害者に働く機会を提供する目的などで始めたが、女子生徒は期待以上の働きをし、周囲の従業員にも好影響を与えた。女子生徒を正式採用して以降、同社は知的障害者の受け入れを促進。一度に複数人を受け入れるようにもなった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド