総合

今年も産卵 - モリアオガエル/奈良・吉城園

日本庭園の緑に映える白い泡状のモリアオガエルの卵=18日、奈良市登大路町の吉城園 拡大

 奈良市登大路町の日本庭園・吉城園で、モリアオガエルの産卵が始まった。本州と佐渡ケ島に分布するアオガエル科に属する日本の固有種のカエルで、この季節、植物の葉の間に泡状の卵を産み付ける。

 県では絶滅寸前としてレッドリストに挙げられているが、同園では毎年、産卵を見ることができる。今年は昨年より3日遅く、15日に最初の卵が見つかったという。卵は約1週間でかえり、さらに1カ月ほどかけてカエルに成長する。同園では、梅雨明けごろまで産卵が続くという。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド