総合

現職、2新人激突か - 大和郡山市長選まで1カ月

 任期満了(7月6日)に伴う大和郡山市長選挙は、6月11日の告示まで残り1カ月を切った。同選挙には、5選を目指す現職の上田清氏(65)と、元印刷会社役員の栂野行男氏(71)、市議会議員の北門勇気氏(36)の合わせて3人(いずれも無所属)が立候補を表明しており、今のところ現職に2新人が挑む構図となっている。ただ目立った争点はなく、選挙に対する市民の関心は低調気味だ。

 上田氏は昨年12月の定例市議会で、トップを切って出馬を表明。4期16年の実績を踏まえた上で、新工業ゾーンの創出やリニア中間駅の誘致、老朽化した市庁舎の建て替えなどの政策を掲げ、連合奈良や市内の団体から推薦を得て、着々と準備を進める。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド