総合

歴史薫る五月人形 - 五條で初展示

江戸時代のものとみられる武者人形=10日、五條市新町2丁目の大野屋 拡大

 五條市新町2丁目の起業家支援施設「大野屋」で、珍しい江戸時代の五月人形が展示されている。31日まで。無料。

 重要伝統的建造物群保存地区「五條新町」の旧商家に伝わる人形で初めて公開された。賤ケ岳七本槍の武者人形6体と、それより古いとみられる武者や馬5体の計11体。同市須恵の広田憲治さん(70)が明治生まれの父から引き継いだ。

 伊勢湾台風の水難を逃れて憲治さん方で保管していたが今回、約40年ぶりに人形を出した。「父も見たことのない人形があると言っていたので江戸時代のものだと思う。詳しい人がいれば教えてほしい」と話している。

 午前10時~午後5時。月曜休み。問い合わせは町家カフェゆるり、電話080(2454)1093。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド