総合

奥野氏「擁立断念」 - 奈良市長選

 任期満了に伴う奈良市長選(7月2日告示、9日投票)で、候補者づくりに動いていた自民党県連会長の奥野信亮衆院議員(奈良3区)が「擁立断念」を決め、県連総務会長も務める荻田義雄市支部長(県議)に伝えていたことが、9日分かった。候補者調整を買って出ていた奥野会長の求心力低下は否めず、7月の会長改選を前に去就が注目されそうだ。一方、1区支部(小林茂樹支部長)は党県議、市議団が会合を開き、この中で池田慎久県議が「不戦敗は許されない」と発言。これを受け、引き続き擁立作業を進めることを確認した。

 荻田氏によると、奥野氏は、出馬打診で官僚や弁護士ら数人と接触。しかし8日の連絡で「擁立に至っていない。申し訳ない」と断念を伝えてきたという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド