スポーツ

4強出そろう - 近畿高校野球春季県大会

【準々決勝・奈良大付―法隆寺国際】奈良大付は初回、1死二、三塁から山本の適時三塁打で石西(左から3人目)が生還した=佐藤薬品スタジアム 拡大

 高校野球の春季近畿地区大会県予選第11日は7日、佐藤薬品スタジアム(県立橿原球場)で準々決勝2試合を行い、奈良大付、天理が準決勝に進出した。

 奈良大付は9―0の七回コールドで法隆寺国際を下した。奈良大付は初回、1死満塁から石西の右前適時打、続く山本の適時三塁打、さらに大西の左前適時打でこの回一挙5点を奪い、三回まで毎回得点して試合を決定づけた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド