社会

災害時、広陵町に強い味方 - 食品や生活品お届け

商業施設誘致の奨励制度を受けるため災害協定を締結した村井常務(右)=8日、広陵町南郷の町役場 拡大

 広陵町は8日、生鮮食品付きドラッグストアを展開するエバグリーン広甚(和歌山県湯浅町)と災害時の物資供給に関する協定を締結した。同社の村井薫常務らが町役場を訪れ、調印した。同社は昨年11月、同町平尾にスーパーエバーグリーン広陵店をオープン。町商業施設立地促進条例では、雇用促進奨励金などを受ける条件に同協定を結ぶことが規定されており、これに基づく締結。平成26年の同条例制定以来、適用は初。

 協定は災害時に食品や生活必需品の供給を受ける内容。同社は和歌山市の阪和道和歌山インターチェンジ付近に物流センターがあり、高速道路で同町に物資を供給できるという。同社の広陵店では約45人の町民を雇用している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド