考古学

2棟一対で描く? - 桜閣の絵画土器片新たに発見/唐古・鍵遺跡

新たに見つかった楼閣絵画土器の破片。背後は土器のレプリカ=21日、田原本町阪手の田原本青垣生涯学習センター 拡大
唐古・鍵遺跡出土の楼閣絵画土器。右端が今回新たに見つかった土器片=21日、田原本町阪手の田原本青垣生涯学習センター 拡大

 弥生時代の大環濠集落遺跡として知られる田原本町の唐古・鍵遺跡で、楼閣が描かれた絵画土器のかけら(紀元前1世紀前半)が新たに見つかり、町教育委員会が21日、発表した。従来確認されている楼閣絵画土器片と同一個体とみられ、町教委は「2棟一対の楼閣が描かれたと考えられる」としている。

 町教委が平成3年の発掘調査で出土した資料の再整理を行い、楼閣絵画土器片を見つけた。縦6・1センチ、横3・7センチ、厚さ約1センチ。楼閣絵画の屋根に特徴的な斜線13本と、柱1本の線刻が残っていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド