社会

嗅いで追跡、救助 - 県警嘱託警察犬27匹訓練競技会

臭気選別競技に臨む出場者=20日、大和郡山市額田部南町の県流域下水道センター自由広場 拡大

 県警嘱託警察犬訓練競技会が20日、大和郡山市額田部南町の県流域下水道センター自由広場で開かれ、嘱託犬27匹が、行方不明者を捜索する能力などを競った。嘱託犬は、県と大阪府の10カ所の民間の訓練所で養成。直轄犬を持たない県警では、毎年秋に行われる審査会を経て選ばれ、1年間警察の要請に応じて出勤する。

 草地の中で犯人の足跡を探る「足跡追求」と5種類の布の中から同じにおいのものを探し当てる「臭気選別」、遭難者を発見するまでの時間を競う「捜索救助」の3競技が行われ、シェパードやラブラドール・レトリバーなどが、日ごろ鍛えた嗅覚を発揮した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド