社会

正倉院銀壺は「国産」 - 藤原仲麻呂の銀銭を転用

第62回正倉院展に出展された銀壺=平成22年10月、奈良市登大路町の奈良国立博物館 拡大

 正倉院(奈良市雑司町)に伝来した「銀壺(ぎんこ)」は、奈良時代の銀銭「太平元宝(たいへいげんぽう)」を転用した国産品だったとする新説を、吉沢悟奈良国立博物館学芸部列品室長(考古学)が発表した。従来は中国・唐で作られた輸入品説が有力だった。大平元宝は当時の権力者、藤原仲麻呂(恵美押勝)が発行した幻の銭貨で、銀壺製作の背景には仲麻呂の失脚後、過去の政策を清算しようとした称徳天皇(孝謙天皇)の意思があった推測している。論文は20日、発表された正倉院紀要第39号に掲載された。

 銀壺は甲乙2口あり、いずれも胴径約60センチ以上で正倉院宝物の金属製容器では最大。銘文に称徳天皇が東大寺へ行幸した天平神護3(767)年2月4日の日付があり、天皇が同寺に献納したと推定される。表面全体に描かれた騎馬の人がシカやイノシシを狩る文様などから、遣唐使が持ち帰った中国製と考えられてきた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド