社会

住民から疑問続出 - 市長、強行突破か 奈良市新斎苑

勉強会に出席、意見に耳を傾ける仲川元庸市長ら=16日夜、奈良市鹿野園町の集会所 拡大

 奈良市が同市横井町の山林に計画する新斎苑(火葬場)整備について、計画地に近接する鹿野園町自治会(竹中正彦自治会長)と市との協議が16日夜、「勉強会」として行われた。自治会側は、なお事業受け入れ「反対」の声が強いが、仲川元庸市長は対話姿勢を維持する一方、都市計画決定に向けた手続きを緩める気配はなく、強行突破を図る算段ともみられている。

▽「記録簿なし」

 事業の賛否をめぐり住民が割れ、二つの自治会が“分立”する騒動に至った鹿野園町。この日は、3月の役員改選で新体制がスタートして以降、初となる市との直接対話で、これまでの協議の経緯を整理する意味で「勉強会」として開催、約50人が出席した…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド