社会

響き渡る「講問論議」 - 大講堂で法要/薬師寺「最勝会」

講問論議なども行われた法要=16日、奈良市西ノ京町の薬師寺 拡大

 国家安泰や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る最勝会が16日、奈良市西ノ京町の薬師寺で営まれた。

 平安時代に始まり、勅使(ちょくし)を迎えて行われていた。講堂焼失などで一時途絶えていたが、平成15年の大講堂復興に合わせて約500年ぶりに復活した。

 大講堂の本尊・弥勒(みろく)三尊像の前での法要では、加藤朝胤執事長が講師を、生駒基達執事が読師を務め「講問論議」。堂内に2人の声が響き渡った。また、勅使役の志野流香道家元の蜂谷宗玄宗匠が僧侶に香を配る儀式が厳かに営まれた。

 このほか年少の僧侶による「番論議」もあり、松久保真吾君(11)と安田響一君(9)がよどみなく問答を披露した。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド