経済

大和農園の提案採択 - ミャンマーで豆の優良種子生産販売/JICA中小企業海外展開支援事業

 国際協力機構(JICA)関西国際センターは20日までに、JICA中小企業海外展開支援事業の普及・実証事業で、大和農園(天理市、吉田裕社長)のミャンマーでの「集約型農業に資する優良種子生産と調製・販売事業」の案件を採択した、と発表した。同社は同国で試験的に事業を展開し、豆の優良品種の生産や販売を目指す。

 同調査事業は、途上国の開発ニーズと日本の中小企業の優れた製品、技術をマッチングし、製品や技術のODA(政府開発援助)事業活用に向けた情報収集などを支援することが目的。平成24年度から実施されていて、基礎調査▽案件化調査▽普及・実証事業―の3段階に分類される。今回は28年度2回目で全国で73件が採択された。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド